Aclds 『Fuadain Liesmas』

Aclds
『Fuadain Liesmas』

¥2,300+税
SDRSW-26
2018年2月18日リリース

本作はサウンド・アーティスト/作曲家のChris Douglas(イギリス出身・1974年生まれ)によるAclds名義のアルバムである。リリースは実験音楽の最新モードを牽引する〈Entr’acte〉。
ミュージック・コンクレート的技法を駆使したノイズ/アンビエンスが特徴で、本作『Fuadain Liesmas』においても無数のノイズが蠢く迷宮的アンビエンスを追及している。

<作品概要>
本作はサウンド・アーティスト/作曲家のChris Douglas(イギリス出身・1974 年生まれ)によるAclds 名義のアルバムである。リリースは実験音楽の最新モードを牽引する〈Entr’ acte〉。
Chris Douglas は16 歳にして、サンフランシスコで初のアンビエント・テクノ・パーティーを開催し、その1 年後にはMikeBanks(Underground Resistance)やJames Stinson(Drexciya)と仕事をするためにデトロイトに移住したという早熟の才人だ。Autechre『Confield』ツアーのサポートを経験した後、00 年代初頭にベルリンへと移住する。以降、Scald Rougish、Dalglish、O.S.T.、Seaes という複数の名義を使い分けつつ、〈Ge-stell〉〈Pan〉〈iDEAL Recordings〉〈Meds〉などの多彩なエクスペリメンタル・ミュージック・レーベルからアルバムやEP をリリースしてきた(Anna Eborn 監督作品の映画音楽やオーディオ・ヴィジュアル集団「SYNKEN」の創設メンバーとしても知られる)。
ミュージック・コンクレート的技法を駆使したノイズ/アンビエンスが特徴で、本作『Fuadain L iesmas』においてもDalglish名義『Niaiw Ot Vile』(PAN/2013)やScald Rougish 名義『Idioal Oifrmech』(Ge-stell/2017)などで実践されてきた無数のノイズが蠢く迷宮的アンビエンスを追及している。また、Satoshi A izawa のアブストラクトなアニメーションによるMV「HrmClng」も制作され、映像と音響によるアート・プロジェクトといった趣もある。 デンシノオト

Track List:
1. LoiInro Effial
2. LehXrd4f
3. Pfsme
4. 0i3hd9328hg
5. Negin Giv
6. OT-IntVxEd 1
7. 2016-12_4MW
8. Fvvr3iT
9. Aa Ga3lta
10. Blct57
11. Hrm Clng
12. Oechdintv22
13. KfMnCrn Swl
14. Dtn#09_Ed