Merzbow『 Musick For Screen 』

Merzbow
『Musick For Screen』

¥2,000+税
SDRSW-38
2018年8月17日リリース

本作は貴重な音源である。秋田昌美氏から頂いたメモには、こう記されていた。

「吉祥寺Gattyで行われたMerzbowのパフォーマンスに使用された音源だと記憶している。今回が初リイシュー。」

そう、今回が初のリイシュー作品なのだ。オリジナルの録音は1983年。リリースは秋田氏が運営するカセット・テープ・レーベル〈Lowest Music & Arts〉から。

<作品概要>
本アルバムの音源が収録されたという吉祥寺「Gatty」(ギャティ)は、80年代のこの時期に数年間ほど存在した伝説的ライブスペースであり、多くのアヴァンギャルド・アーティストたちが出演していたことでも知られている。その意味で本作は日本アヴァンギャルド・ミュージック史に残る記録ともいえるだろう。
 とはいえ本作は、いささか特殊な音源である。秋田氏のメモによると『吉祥寺Gattyで行われたメルツバウのパフォーマンスは生演奏ではなく、スライドの上映(熱でスライドを溶かしながら上映した)とテープの演奏で、「Musick For Screen」はその音源として使用されたようです。タイトルの「Screen」とは「スライド」という意味です。』
 収録音源は30分49秒の“Part A”と9分37秒の“Part B”という長尺2曲。2曲とも激烈な耳を突き刺すようなノイズが炸裂している。いわばノンビートのメタリックなメルツ・ノイズだ。
メルツバウの初期音源発掘プロジェクトのライナーノーツを執筆するにあたり、70年代末期から80年代初頭のメルツ音源を聴いているが、「この時期にもうこのようなことが実践されていたのか!」と驚くことが多々あった。本録音もまさにそれである。 デンシノオト

Track List:
1. Part A
2. Part B