SDRSW24 3RENSA fb03

Merzbow.duenn.Nyantora
V.A(Joachim Nordwall、JASSS、Adam Asnan、Yves De Mey)
Version
『3RENSA fb03』

¥2,300+税
SDRSW-24
2018年2月18日リリース

シリーズ三作目である本作『3RENSA fb03』は、『3RENSA fb01』のリミックス・トラックのうち4曲を、4人のエクスペリメンタル・ミュージックアーティストたちがリミックスしたアルバムである。参加リミキサーは、Joachim Nordwall、JASSS、Adam Asnan、Yves DeMeyの4人である。これは今のモードを捉えた素晴らしい人選だ。

<作品概要>
シリーズ三作目『3RENSA fb03』(2018)は、「fb01」と同様に先端的なエクスペリメンタル・ミュージックのショーケースともいえるリミックス・コンピレーション・アルバムである。〈iDEAL Recordings〉主宰にしてMika Vainio とも競演経験のあるノイズ・サウンド・アーティスト Joachim Nordwall、〈 iDEAL Recordings〉からアルバムをリリースしているインダストリアル/アシッドなスペインの女性アーティスト・プロデューサーJASSS、多様な方法論による音実験を実践する英国出身のサウンド・アーティストAdam Asnan、インダストリアルとダーク・アンビエントとミュージック・コンクレートとテクノをつなぐYves De Mey という現在有数のエクスペリメンタル・ミュージック・アーティストたちがリミキサーとして参加し、『3RENSA fb01』収録のリミックスをさらにリミックスしたわけである(全4 曲)。リミックスのリミックスだ。ここでもオリジナルと複製の関係は更新された。
また、2 枚組「fb01」と1 枚組「 fb03」の計 3 枚を揃えることで、合計 10 名のエクスペリメンタル・ミュージック・アーティストたちが手掛けた先端・最新の音を入手できる点も見逃せない。 デンシノオト

Track List:
1. Joachim Nordwall Version
(Eryck Abecassis / Bark Memory remix
← 3RENSA Mix by Merzbow )
2. JASSS Version
(Francisco Meirino / You Think You Know It All remix
← 3RENSA Mix by Nyantora)
3. Adam Asnan remix
(Dale Cornish remix ← 3RENSA Mix by Merzbow)
4. Yves De Mey remix
(Phil Julian remix ← 3RENSA Mix by duenn)


<アーティスト情報>
故Mika Vainoとの競演経験もあるJoachim Nordwallは、自身が主宰する〈iDEAL Recordings〉のみらず、〈Ash International〉〈Touch〉〈Hospital Productions〉〈Confront〉〈Entr’acte〉など現代有数のエクスペリメンタル・ミュージック・レーベルからアルバムやEPなどをリリースしてきた。特に〈Entr’acte〉からは『Soul Music』(2013)、『Soul Music 2』(2015)、『The Power Of Repetition』(2016)、『THE MESSAGE IS VERY SIMPLE』(2016)など重要作を定期的に発表している。ノイズであってもコンクレート的な音響作品であっても不思議な空虚さがトラックに横溢しており、聴き手の心に仏教的ともいえる「無常」感覚すら想起させる。『THE MESSAGE IS VERY SIMPLE』などはその代表的作品だ。本作では『3RENSA fb01』収録の“Eryck Abecassis/Bark Memory remix(3RENSA Mix by Merzbow)”のリミックスを担当している。5分40秒ほどのトラックだが、その微細なループやノイズから醸し出される「無常観」がいかにも彼らしい。
〈Entr’acte〉〈Senufo Editions〉〈SM-LL〉などの現代的なミニマリズムを追及するレーベルからアルバムやEPなどをリリースしてきたAdam Asnanは、さまざまな技法を用いて独自の音響美術を追及しているロンドンのサウンド・アーティストである。2017年に〈Entr’acte〉からリリースされた『Mythcigc II』では、 80 年代後期~90 年代中期製のデジタル・リバーヴをFMシンセサイズで加工する独自のシステムで制作された。本作では “Dale Cornish remix(3RENSA Mix by Merzbow)”のリミックスを手掛けている。Merzbow→Dale Cornishという世代もジャンルも異なる才能から受け継がれた音の痕跡が、見事、Adam Asnan的なステレオフォニックなサウンドへと変貌を遂げた。
ベルギーのYves De Meyは、〈LINE〉〈Opal Tapes〉〈Archives Intérieures〉〈Modal Analysis〉〈Semantica Records〉〈Entr’acte〉〈SM-LL〉〈Spectrum Spools〉などからアルバムやEPをリリースしてきた先端的音楽の代表的アーティストである。また、Peter Van HoesenとのユニットSendaiとしても活動しており、2016年にアルバム『Ground And Figure』を〈Editions Mego〉からリリースしている。本作では“Phil Julian remix(3RENSA Mix by duenn)”のリミックスを担当する。2016年に〈Spectrum Spools〉からリリースされた傑作『Drawn With Shadow Pens』を思わせる乾いた鉄のようなサウンドと非連続的/非反復的に打たれていくビート/リズムが圧倒的だ
スペイン人女性アーティスト/プロデューサーJASSS(Silvia Jiménez Alvarez)は、“Francisco Meirino / You Think You Know It All remix(3RENSA Mix by Nyantora)”のリミックスを手掛けた。JASSSは、2016年に〈Mannequin〉〈Anunnaki Cartel〉からEPをリリースし、その名を知らしめ、翌2017年にはJoachim Nordwall主宰の〈iDEAL Recordings〉からアルバム『Weightless』をリリースする。ポスト・インダストリアル/新世代アシッド・テクノといった趣のサウンドで、先端音楽マニアたちを驚愕させた。本リミックスでも、その新たな才能が見事に開花しており、今後の先端的音楽のニューモードを感じさせるトラックといえよう。